· 

地域おこし協力隊の仕事

向市場の「つぶ食いしもと」さんのところでお手伝いをしてきました。手伝いと言いながらも、郷土料理や地域の歴史について話を伺ったり農作業のイロハを教えてもらったりとむしろ勉強をさせていただいています。

 

活動を通して民間・行政・個人を問わず色んな方から色んな分野の地域で生きていく術を学ぶことができるのが、地域おこし協力隊の役得なところだと毎度思います。ある程度自分の時間もとれるので努力次第で資格や免許取得、諸々の勉強など自己研鑽ができ、その能力を仕事の中で生かすことができるのも良いところです。

 

とはいえ期限付きの制度ですし、向き不向きも激しいと思うので、誰にでもおすすめできる仕事とは言えないかもしれません。地域は社会の縮図と言っても過言ではないですし、1年ごとに契約更新ができるということをプラスにとらえて大学生が在学中に休学して見識を広げたりするのも全然アリなんじゃないかな、と思ったりします。

 

自分は来年度もこの仕事を継続するつもりでいますので、今まで学ばせていただいたことを総合的に生かして、多方面にお返しできるように努力していきたいと思います。